タイムリミットはまだござりまするか???

ずぼら精神に大切な人から愛想をつかされそうになり、断捨離しなくてはいけなくなった男のブログ。断捨離に関することを学びながら成長していく日記。

パソコンの外付けHDDを処分(断捨離)しました。

ラシーというメーカーのハードディスクを断捨離しました

半年くらい、電源はついているんだけど、パソコンのシステム上で認識したりしなかったりの状態だったんです。

結局、ケーブルは繋ぎっぱなしのまま、ずっと使わず(まともに使えず)の状態だったんですよ。

 

もう保証期間もとっくに過ぎてますし、こうなってしまうと使い道がないので捨てるしかないなと。

さて、とりあえずデータはすでにプロ向けのHDDを購入して移動しておいたので、まったく問題ないのですが、

 

なにせ1テラバイト近くの容量、

 

もし昔のUSB2.0規格だったらと思うと、恐ろしい時間がかかったんではないかと。

データを移動したHDDはFirewire800とはいえ、USB2.0じゃなくて良かったと改めて感じましたよ。

 

ちなみに、捨てるのはこんな感じのハードディスク。

f:id:peacelifemind:20180916213731j:plain

このメーカーのものはデザイン性がなかなかよく、その点でも好評なハードディスクだったそうです。

 

どうでしょうかね?

日本の出してるハードディスクでなかなかこういった感じのものはないと思いました。少なくとも当時は。(笑)

デザイン性だけでいえば、メタリックな感じとヒートシンクに似た構造がまだまだ先端性を感じられるような気がします。

ただ、ウワサによると、ある企業に買収されてから製品の質があまりよくなくなってしまったとかいう話を聞きました。

 

つまりは、故障しかけてる今が捨て時だったということになるのかもしれないですね。

 

やはりこれも、いつか何とか工夫して使えるだろう、という感覚でとっておいたので、いつかいつかとやっている間に、捨てるのが遅くなってしまったワケですね。

 

結局パソコン周りのスペースもとるわけだし、あと、意外と動作音が大きいので、気になるといえば気になるということがあった。

 

そういった意味でも、早いところ捨てるべきだったのかもしれません。

 

しかしちょっと心配なのは、外付けHDDが一つしかなくなってしまったこと。

今の時点で困っているわけではないんですけどね。

やはりバックアップ用には一つ持っておきたいなと思うのは男心なんじゃない?って思っちゃうんだけど、アダプタを使わないといけないものは配線も有るし、大変。

また買ったの!?と彼女にも呆れられそう。

 

そこで、モバイルハードディスクというのを見つけました。

 

これですよ、これ。

 

かさばらない、軽い、容量も意外とあるということで、次はスマートにいくためにモバイルHDDにすることにしようと思ってます。

 

というか、気付いたんですけど、断捨離の対象として、パソコン周りというのは普段使っていながら流してしまうこと多々アリなので、もう一度見直そうと思いました。(汗)