タイムリミットはまだござりまするか???

ずぼら精神に大切な人から愛想をつかされそうになり、断捨離しなくてはいけなくなった男のブログ。断捨離に関することを学びながら成長していく日記。

これで断捨離なんてできるのか?とビビってしまうなとか思ったり。

部屋の模様替えをしている母の姿を思い浮かべると、ヤバいなと思うことがある。

 

自分にはなかなかそういう気持ちが湧かなかったからなんだけど、

 

それにも増して、今もこうやって断捨離に向けて整理整頓していると、「模様替え」(そこまではしないけど)なんて言ってられないくらい、片付ける物がたくさんあることに気がつきます。

 

f:id:peacelifemind:20180914144422j:plain

一例:ベッドの引き出しの中の片付けられてない道具

まだ一例ですけど、こんなのがモリモリ・・・。

こんなんで、大切な人に対する気持ちだけで動けるのだろうかと、気にし出すととまらないんですけどね。

 

整理もぱっぱと出来て、捨てられて、物を選べる人はスゲーな!って思っちゃいますよ、ほんと。

 

 

いざ捨てようってなると、なかなかためらいがあるのも実際で、取り出したものをまた使ってみたり、なんだかチグハグなことをやってる自分がいるってワケなんですよね。

 

やっぱり自分と共にあった物なので、へんな「お気に召し」感があるんですよ。

中には15年物もあります。

 

久しぶりに手にとって使ってみるとなんだかいい感じ。

・・・って、何に執着してるんだって感じですよね。(笑)

 

清掃屋さんなら絶対!スパスパって片付けられそうですよ。(-_-)

 

もしひとり暮らしだったらこんなバカスカ荷物なんて溜められないよなって思います。

そういう風に思えばもっと行動力も出るんかな〜。

 

まさか移動するわけにはいかないし、倉庫を借りるわけにもいきません。そのいずれも問題を解決しているとは言い難い・・・。

 

とりあえず頑張って物を整理して減らしていかなくてはいけませんね。

整理とか捨てやすい物と、そうでない物を選別していこうと思います。

 

骨の折れる・・・という言葉がぴったりな状況ではあるんだけれども、気張っていこうと思ってます。