タイムリミットはまだござりまするか???

ずぼら精神に大切な人から愛想をつかされそうになり、断捨離しなくてはいけなくなった男のブログ。断捨離に関することを学びながら成長していく日記。

断捨離のメンタル面の効果として変わってきたこととは

ここのところ断捨離をしていて、自分の気持ちの変化が、ちょっとだけどあるように感じる。

 

達成感もあるんだけど、判断とかアタマの部分ってのかな?それが前よりもキビキビしているように感じるんですよ。

断捨離を進めていて、自分を律することが出来るようで、ルーティンができて、気分が乗ってきた感じがするんですよね。

 

ここまで続けられるというのも、気持ちの変化があるというのも、テキトーな自分を指摘されて彼女との間柄がピンチだからという面があることは否定できないだろうけど、それとは別に、明らかに断捨離をしていくことで変わったと思いますね。

 

断捨離の情報が豊富らしいブログ村ってのをやってみました。

よかったらポチりと応援してやってください。

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

続きを読む

スポーツウェアの断捨離をして、押し入れの空きスペースをみて気持ちスッキリ。

最近は全然なんだけど、ランニングやフットサルをしていた関係でスポーツウェアを購入していたんだけど、

 

汚れて、傷んでは捨てての繰り返し。

 

けっこうウェアは捨ててきたと思いますが、久しぶりに押し入れから引っ張り出してみると、まだ残っている事に気がつきました。

 

<現在、写真が撮れない状況なので、記事によっては掲載していません>

続きを読む

学術本の断捨離の方法として大学に寄贈するという方法は良い策だろうか。

本を断捨離するために徐々に整理をしています。

 

昔でこそ、本はよく読んでいたので、本を整理(断捨離)するというのは、たとえ一冊でも心苦しいものが正直あります。

 

本は心の宝だと思っていたので、本を読まないなんて半分は人生において損をしている!とさえ思ってたんですよ。

だから、マンガ本とかは別としても、本を捨てるなんて昔なら絶対あり得なかった。

 

ところが、整理する段階でハッとしたんだけど、全く読んでないものが多いことに気付いたんですよ。(汗)

その数はさほど多くはないとはいえ、学術書というのは読むのに時間がかかるので、たとえ1冊でもマンガを読むのとはワケが違います。

 

しかも、そんな状態だったにもかかわらず、ときたま購入してしまってたという間抜けっぷり。(汗)

社会人になってから、時間に追われ、もはや気付けば積みゲーならぬ、積み本状態になってたんですね。

 

10年前に購入しはじめた物があるので、そこから計算すると年に3冊くらいのペースで積んでいたことになります。

 

今さらながらなんですが、これでは、さすがに溜まるだけだと思いました。

続きを読む